2010年8月 4日 (水)

We are SMAP!ライブツアー札幌編

札幌。
初日、2日目の雑感&覚書。

札幌でグッズ購入に1時間半も要したのは初体験だったなー。
しかも辿り着いた売り場の吾郎写真はちょっと残念で(個人的に)
一昨年のグッズ写真がかなり良かったこともあったせいかなぁ。
まぁでももちろん買いましたよー。吾郎の顔入りはすべて!
2000年は髭吾郎で、2010年はふわくり吾郎。良い記念だっ。

顔入り以外では、キーホルダーとバスタオルが可愛かったので、
今後の会場で買うかも知れない。
それにしても・・・グッズ売り場で既に「地球さん」だらけでねぇ。
正直ウザかったんだけど(苦笑)
結局コンサート会場にも終始ウヨウヨ・・・これ、今回はもう諦める
しかないようで。2003年の超不評の人形と一緒ねー。
なんだかんだお金かかってそうだしな。あの被り物の地球さん。

入場前、久々に会えた友人(非吾郎ファン)たちには、意外にも
ここのところのふわくり吾郎は好評ではなく面白かった(苦笑)
ごろファン的にはアリなんだけどなぁ。
札幌初日はブローしたパターンとふわくりが入れ替わりで現れ、
2日目は基本はほぼブローバージョンだった気がするんだけど、
私には断然初日のほうがおいしかったー。

様々な憶測が飛び交ったステージの形は・・・別に驚くほどでもなく。
こぢんまりしたわねぇ・・・ってところ?(笑)
花道短かっ!センターは「デベソ」というほど出っ張ってもいないし、
リフターも例年より低空飛行だった気が・・・。これってアラフォーに
優しいステージ??(笑)
スクリーンも、お金かかってるんだとは思うけど、小さめでねー。
初日の席に着いて友人と「ステージ、しょぼくないっすか」といきなり
クレーム。あはっ。

今年のコンサート、初日の印象は、「ちぐはぐ感」と「デジャヴ感」が
強かった。見ていて戸惑うシーンもあったり。
ちぐはぐの原因は、ほぼ出ずっぱりの怒ったり困ったり泣いたりの
地球ちゃんたちの存在で・・・テーマがスマライブにそぐわない。
「別にスマに地球を救って欲しくなどない」と言っては身も蓋もない
ことに早めに気付いて諦めて楽しむのがベターかと(苦笑)
ジャンクションもストーリーがあるんだかないんだか、繋がっている
ものやらなにやら・・・札幌の2回では掴めなかった(^^;)
で、デジャヴ感は、要は「これ、どっかで見た」という感覚の連鎖。
時計の逆回転とか(2001)、長い棒を持ってのダンスとか(2005)
ステージ上に車とか(1999)、チャンバラとか(2002)、薄着から
着込んでいく演出とか(2002)、ワールドメドレー的だとか(2003)、
サンバ隊登場とか(2002、2008)、イリュージョンとか(2008)、
アンコール衣装が迷彩とか(2006)、2005年頃までやっていた
アリーナ中央にトロッコが入る演出とか。
このあたり、「新鮮味ない」と感じる人と「懐かしい」と感じる人に
分かれそう。

札幌は初日、2日目とも10分ほど遅れてスタート。
オープニングの演出、初日は非常に脱力したんですが・・・いやー、
スマファンとしての私の順応性はすごい(笑)
翌日には既に許容範囲♪

では、ざっくりと1曲ずつの感想をば(笑)

●This is love
衣装にびっくり。なぜプラネットー?でも曲はオープニングにぴったり。
吾郎ビジュアル良好ー♪茄子吾郎気味の御髪も好き好き♪
●swing   
吾郎が踊れている。予想外なほどに(え?)
1日目、吾郎がジャケット脱いだらベストの下からシャツが出てたのは
演出じゃあないよね(笑)
●shake  
5人の捌け方がいまいちかっこよくない。奈落に飛び込みます。

○がんばりましょう  
チャンバラ演出(スクリーンにはかつてメンバーが出演した時代劇
映像も。ただし殿はなし)後に「和」アレンジで。衣装が着物風。
スーツの上に着ているので美しくない。全体的に隠し芸大会的(笑)
2日目、吾郎がソロパートで声がひっくり返った。
○Dear Woman
サビから。スクリーンが桜?などかなり和風。上海公演を意識?
○僕の素晴らしい人生
着物を脱いだらブルーのジャケットに白のパンツでマリンルック?
友人と私は「横山やすし?!」と(爆)。どーも漫才師ぽくも見える。
木村さんがラジオで言ってたほどにはちーともエロくもなんともなく。
カッコイイ系ではあるけれど。
○セロリ
なぜかアフリカっぽいアレンジ。棒を持ってのダンス。
ぴょんぴょん跳ねるスマがかわいい。とくに上3人のアラフォー(笑)
○君は君だよ
なに?あれ?横一列に並ぶオランダ?スイス?のダンス?
懐かしの名曲だけどほんの数秒。ちょっともったいない。
○帰って来たヨッパライ(剛ソロ)
最っ高です!ふわふわの天使の輪をカチューシャみたいに付ける
他のメンバー4人!お遊戯か!ってダンスもかなり萌え。
剛が歌い出したあたりでは、少し高い位置から腕組みしたり、
腰に手を置いたりして無表情で冷たーく見ている天使さん4人(笑)
~セロリから剛ソロまでは、ポンチョみたいなのをひっくり返して
いろんなパターンで着用。

○Bang Bang バカンス
サンバ隊と共に。吾郎のソロパート時、サンバ隊並みの腰振りで
両日とも吾郎に迫る木村さん(笑)。2日目は吾郎も応戦し、歌が
えらい不安定なことに。シャツが花柄だけど、なぜか的屋風で(笑)
チンピラ風味が素敵なメンバーさんたち。
シャツの色は中居さん黄色系、木村さん赤系、吾郎パープル系、
シンツヨ・・・うう、覚えていない(汗)
ここで木村さんが剛と入れ替わるイリュージョン?演出あり。
○世界にひとつだけの花
白ジャケットを上に着て、チャイナ服のダンサーと上海を意識した
演出。アレンジも超中華。

<MC>
今年も木村さんメインで。
初日けっこうグダグダ(苦笑)両日とも剛いじり多し。
1日目は吾郎の御髪の話題も。ブローするかふわふわセットで
いくか迷う吾郎に、木村さんの「ちゃんとブローをして『いつもの
吾郎がもどってきた』って感じにすれば?」の一言に、「OK」と
カッコつけて言ったらしい吾郎の真似をする木村さんがよかった。
オープニングの衣裳は派手めなので吾郎自身もブローしたほうが
良いと思っていたもよう。

2日目は昨日のライブ後の過ごし方など。
木村さんとお鮨を食べに出かけた吾郎は「いいでしょー」と自慢。
(誰にっ?)

●We-are-SMAP!-Funky Lude-
MC後これだけ歌って捌ける演出はちょっと微妙な気がする・・・。
~舞台裏に降りたとこにカメラがあり、1日目木村、2日目吾郎が
WeareSMAPを飲んでカメラ目線で一言。かわいいっ。

●Memory~June~(中居ソロ)
中居さん好き、マイケル好きの友人は選曲がイイ!と絶賛。
リーダーお得意の「映像」は健在。「中居チルドレン」カワユス!
札幌の街(ドーム界隈)でロケした映像は2日目短縮されていた。

○グラマラス
ここから始まる赤衣装コーナー、テンション上がりますっ。
2006年のシスター衣装の赤バージョン的?で吾郎のスタイルの
良さが際立ちうっとり。シングルのカップリングのこの曲カッコイイ。
右花道で慎吾、左花道で吾郎の低音ソロパートからスタート。
今回TK様の曲はなかなか良いねー。
ここ、初日の吾郎のふわくりが、史上最高にふわふわだったかも。
前髪が縦ロールで三束くらい・・・こう書くとなんかヘンだけど(笑)
可愛かったのーーー。
○そっときゅっと
センターデベソにて。やはりシングルだけあって存在感あるー。
○trust 
サビは木村吾郎2人のパートがけっこうあるのね。スクリーンに
アップになること多し。
○ダイナマイト
出だし、連日中居さんが吾郎の肩にもたれつつ階段を降りていて、
あれは腰痛のせい?単なる甘え?(笑)
○GAIA 
思ってたほどの下3人の群れはなく、出だしはシンツヨがリフター、
吾郎はツートップとセンターに。このスリーショットがむしろ新鮮。
途中から中居、木村は捌けて3人に。
○FIVE RESPECT
ここでこれがくるとはー!!ってことで盛り上がりましたー。
歌詞もダンスも2010バージョン。ダンスはやや地味になった?
1人1人の紹介パートのたび、スクリーンにはそれぞれの過去
映像が。虫時代からわりかし最近のものまで。虫吾郎、可愛い。
○FEEL IT
慎吾が居ないのが残念。もっとダンサブルに派手になるのかと
思ったら、意外にちまっと横並びの振り付けがかわいかった。
ジャケットを脱ぐと左だけ半袖の赤いキラキラ?ラメラメ?シャツ。
で、半袖の腕には赤いサポーターみたいなものが。

●No Way Out(慎吾ソロ)
メガネに帽子。カニ蔵と両さんを、スクリーンと共にちらっと披露。
歌い終わってビール。
●We are SMAP!-Bounce Lude‐
地球ちゃん登場。実はその中にメンバーが。1日目剛。2日目木村。
最後に被り物を取ってサプライズ。
●愛や恋や(吾郎ソロ)
ステージ上段に2人がけくらいのソファ。腰掛ける吾郎。
そのまわりには四匹の猫(ロシアンブルーぽい)のコスプレの女子
ダンサーさん。登場が男爵風味(笑)。衣裳はピンク系タキシード。
おすまし吾郎が右左を見るような体勢をとって、もうこれだけで既に
きゃあ~~~!な演出。更に上品かつきれい系の衣装を着た女子
ダンサーさんが続々。こういう演出は吾郎に似合う。
後半衣装の早替わりがあって黒のスーツに!これが素敵素敵!
蝶ネクタイもオシャレで、手にはキラキラステッキ。
ラストは男子ダンサーに軽々?かつがれてエンディング。ここでの
スクリーンのアップ、嬉し恥ずかしな吾郎の表情が可愛いっ。
予想外になんか勢いがね(笑)あるソロコーナーで良かった。
今後も楽しみ。いっそもっと女子ダンサーと絡もうよ吾郎(笑)
あと、センタースクリーンにいくつかの古い洋画の映像が使われて
いるためそこに吾郎があまり映らない・・・。
ううむ、そこはどうにかならないものか。

~セピア映像。5人のトレンチコート姿が素敵なんだけど・・・けども。
その素敵なトレンチ男子も結局は地球ちゃんのために存在するの!
もったいない!(笑)

○ひなげし
セピアのトレンチ男子、登場したら緑色のコート・・・!び、微妙ぞっ。
コートもパンツも丈が短め。このコーナーの吾郎のオレンジパンツ、
どーにかしてーーー(笑)2日目は一瞬黒パンツになったという噂も
聞いたのだけど、ちょっとトイレに立ったら見たこともないほどの
大っ混っ雑っで。黒パンツの真偽のほどがわからなかった・・・。
トイレタイムで3曲もつぶしてしまったよぅー(泣)
○Cry for the smile
いまのところ印象が薄い・・・衣装の配色が気になってばかりいた。
○らいおんハート
んー。スタンドマイクの振り付けは悪くないけど・・・あまりライブで
見たい聴きたい曲でもないんだなぁ個人的に。
○短い髪
今年も剛はピアノ担当。和音が主なので、前回よりも楽?
いやー、シンツヨファンにはたまらない密着ぶりでしょお。特に前半。
後半登場するダンサーはなくって良いと思うわー。
○Magic Time
ここからかな??全員がバラバラの衣装。基本コートorジャケット。
吾郎は短めのベージュトレンチにそのままオレンジパンツ。でもまぁ、
緑のトレンチに合わせるよりは良し。
ワンコーラスしかやらないので、吾郎のAメロが聴けず。残念。
今年は慎吾のヴォーカルの安定感が素晴らしい。さすがはスマの
ミュージカルスター!
○オレンジ
オレンジ色の照明で。他には特に印象ない(^^;)
うん、この曲もライブではしばらくはもういいかなーって1曲かも。
○Love & Peace Inside?
空撮?の酔いそうなまでの壮大な景色をバックに。
歌い上げ系はあまり好みでないんだけど・・・ミュージックアワーで
吾郎はこれ好きって言ってたなぁ・・・そうかー。

●君のままで・・・(木村ソロ)
帽子の扱いとジャケットプレイが素敵。歌詞と演出はいまひとつ
一致してないのかも知れないけど、そう気にはならない。
ダンスの見せ場もあり。2日目が段違いに良くなってた気がした。
ジャケットを脱ぐと木村さん、腕とか上半身細かったなー。
いま痩せてる?役者の仕事続きで鍛える状況じゃなかったか。

○SMAPのポジティブダンス
黒衣装にシルバーの飾りがキラキラ。悪くないけどパンツの形が
特に吾郎が似合っていない。腰まわり太くなっているから。
曲は短縮されてる。しかも意外に踊らない(笑)
~この後、黒ジャケットを脱いでシルバーのノースリ姿に。どこで
だったかがいまいち不明。吾郎が以下の何かの曲で右リフターに
乗ったけど・・・どこだっけなぁ。
○Going Over
思ってたとおり、ライブで映える曲。中居さんが歌いやすそうだっ。
○$10
はい。大好き(笑)
○青いイナズマ
デリコさんと慎吾が『僕音』で約束したもんね。
今年のライブの過去曲は、ちょっと王道に偏り過ぎな感はあるけど
これはOKよー。
○let it be
出ましたっ。・・・誰かが好きだよねぇこれ。メンバーの誰かが(笑)
曲の存在感の割にライブでの登場頻度が高いと思う。いいんだけど。
○We are SMAP!
かっこいいフード付きロングコート(カーキ?チャコールグレー?)を
着込む。この1曲のためだけに(笑)
吾郎がこれまた似合っておりましてー。この衣装もっと見たいよー。
ラストはSMAPの地球マーク入りの旗を立てて上段から退場。
ここで「旗立てるならエースコックのCMのがカッコよかったよねぇ」
などと、間違ったツッコミをする私と友人(笑)

<アンコール>
ラッキーさん選出。今年もやっぱりあった。誰に好評なのか。
ホワイト家の人々の映像(本物)からスマのメンバーに変身。
上戸彩さん⇒中居さん。樋口可奈子さん⇒吾郎(ちょっと感慨深い
ねぇ。天子さんと文也ですもの)。お兄さん⇒慎吾。なぜか孫社長
⇒剛。木村さんは木村さんのままで登場。

●Secret Summer(?)
シングルのカップリング曲。爽やかっ。
トロッコ移動開始。三塁側は慎吾、中居。一塁側が木村、剛、吾郎。
●オリジナルスマイル
トロッコが途中で停まってリフターが上がる。一昨年までの演出と
同じ。2日目はスタンド最前に居た私たち、目の前が慎吾だった。
でもねー、田舎者のばかバッファどもがねー、邪魔で邪魔で!(怒)
(私も地元の田舎者だけどさ)殺意を覚えたわっ!まったくもお!
●夜空ノムコウ
バックステージでリボンリフター。吾郎は左から2番目。また2日
とも振り返れなかったもよう。
●スーパースター
ラッキーさんと共に。話題の2日目の美人のラッキーさんは吾郎
ウチワを持参しており、いつもよりは吾郎もお相手しておりました。
この曲はもっと前半で、メインステージで見たかったけどねぇ。
●KANSHAして
バクステからセンターの通路へ。途中のスタンド前では停止せず。
通路はCブロとDブロの間?吾郎はこのへんでタオルを投げてた。
●ありがとう
ステージの通路から前方メインステージへ移動。
●This is love
ステージに着いたところで木村さんの「ワンモアタイム」の掛け声。
遠目でも吾郎の背中の割れたジャケットは目印になるねー。

<ダブルアンコール>
2日目のみ。最後はみんな脱いでたー(や、もちろん吾郎は除く)
木村さんなんかTシャツを破いてたよっ。若いのぉ(笑)
○フリーバード
いやーん、好き!ライブで見るフリーバードはイイ!嬉しかったー。
○君色思い
いいねっ。スマライブって感じするものねぇこの曲もっ。
今年は『心の鏡』も『真夜中のメリーゴーランド』もないからちょっと
寂しいんだよね。

今年も4時間弱のライブは楽しい!
ダメ出しもたくさんしたけど(え?)、それも込みで楽しくて(笑)
今後一部変更もあるかな?とりあえず次の福岡が楽しみ♪

| | コメント (0)

2010年7月24日 (土)

来週の今頃は

ただいま午後7時。
1週間後の今頃は、いやぁ始まっておりますよー。

「素敵な思い出をつくりましょう。よろしくぅっ」
て、いつもの(笑)吾郎の挨拶が待ち遠しい♪

| | コメント (0)

2008年12月 5日 (金)

私的にあれこれモダンツアー札幌編

今年のツアーセミファイナル&ファイナルに参加してまいりました。
期待していた吾郎さんの「ハッピーバースディ」、ステージ上では
結局何もなかったけれど、会場のそこかしこで吾郎ファンの吾郎
コールが聞こえてきたオーラスでした。吾郎ウチワもいつもより
多く見かけたオーラスでした。それだけでちょっと心温かくなって
いた私です(^^)
一方でいろいろ言われてる(言ってるのは私の周りだけだったり
します??)現在の吾郎さんのビジュアルは、確実にここ数年の
通常とは異なっており。とはいえ同じ吾郎ファンでもそれぞれに
好み、価値観、許容範囲?(笑)が違うわけで・・・受け止め方は
いろいろかと思います。ただ、個人的には現在の姿はベストでは
ないな、と。←キッパリ(笑)
吾郎さんの美意識が私の理想と重なっていることを願い信じて、
暫く静観していたいと思っております(笑)

それはさておき♪
札幌の吾郎さんは終始ゴキゲンさんで健やかなご様子で♪
そんな溌剌さの中にも、オーラスでは表情にメリハリもあって時々
クールな表情にドキっとさせられたり・・・。テレビ中継が入ったこと
で、ちょっといつものライブよりしゃきっとしましたか?(笑)
今回私の席は、2日続けて実に見やすいスタンド席でした。今年の
ステージのつくりはクセモノでしたからね(^^;)。死角がないだけで
大満足。以下、いつもの如くオーラスの吾郎さん中心の覚書です。

オープニング~『BANG!BANG!バカンス!』
 
登場した瞬間の吾郎さんの前髪がセットされ過ぎ!(笑)右に
 流れる前髪が、海苔のように?パキッと四角く張り付いて見え
 ました(笑)。オーラスではメンバーが挨拶で「最後だよー!」と
 と盛り上げてくれるので、客席がヒートアップするのも早いです。
 バンバカでは木村さんが慎吾の指に食いつき舐めながら(←
 慎吾談)♪前田さんなんて~~~♪と歌ってたのですが、解放
 された慎吾はその指を吾郎さんのシャツで拭いてました(笑) 

ヴァンパイヤコーナー
 
登場シーンで舞う、血のような赤い薔薇のスクリーンの演出が
 きれいです。棺から飛び出してくる吾郎さんは“スクッ”っという
 カンジで垂直に飛び出します。姿勢、いいなー(笑)。
 なんだかんだこのコーナー、ここでの衣装はやっぱり好きです。
 吾郎さんのマント使いは結局あまり上達しなかった感もあります
 が、やっぱりマント姿は良く似合う♪かつて主演舞台のマント姿
 にどれだけ悶えたことか!
 オーラスの『らいおんハート』では、吾郎さんが投げたステッキ
 が高く上がり過ぎて木村さんがキャッチできず。あとからMCで
 責められ「最後だから気合い入り過ぎて高く投げ過ぎちゃった」
 と反省しておりました。双眼鏡で見ていて、木村さんがどうにか
 取ろうと粘ってたのがわかりましたよ(苦笑)。最後だからひとつ
 ずつのダンス、ステップを大事にやりたいと思っていた木村さん
 のプランを吾郎さんがぶち壊しの巻・其の一です(笑)
 「Super‐Modern‐Artistic‐Performance SMAP」
 声のところでは、しっかり歓声が上がっておりましたね。ここは
 本当に貫禄も色気もあって素敵。SMAPが最強に見える瞬間。
 『友達へ』の吾郎さんのダンスが実は妙に上手かったのです。
 昨日はじめて気づきました(苦笑)

 オーラスではFNS歌謡祭の関係で、『Keep on』『Still U』
 順番が入れ替わりました。いつもは消耗が激しい?『Keep on』
 の後の『Still U』なので、メンバーはバテバテだったりしてました
 が(笑)この順番になるとその点は解消されて良かったですね。
 テレビ中継が入ることと、その流れを木村さんが説明してくれ
 まして、「このドームの空気を全国に見せつけようぜ!」みたい
 に盛り上げてくださり。
 中居さんは「オレの歌は全国ネットではちょっとヤバイ」と言い
 出し、「ソロはじまったらキャーキャー言って(掻き消して)」との
 指令が(笑)。実はそれであの盛り上がりでした。(生中継後、
 「やり過ぎ。笑っちゃった。もう少ししめやかに盛り上がって欲し
 かったのにー」とダメ出し。中居さん~、しめやかな盛り上がり
 って~?(苦笑))
 一方吾郎&剛はタオルで汗の拭きっこなどに余念がなく(笑)。
 ここで吾郎さんはお約束どおり?「鏡欲しいんだけど」と言って
 木村さんから「そんならモニター見ればいい」と指摘され。でも、
 ステージ下からちゃんと銀色?のちょっと素敵な手鏡を渡され、
 スクリーンにアップで映されながら前髪を直しておりました(爆)
  本番を待つ間、メンバーたちは「きっと黒木さんは今年は司会
 に草彅さんがいなくて残念です」とかコメントされると予想して
 おり実際そのとおりだったので、そこでメンバーも客席もウケて
 おりました。で、テレビに映る前は「FNSも大事だけどイチバン
 はみんなだから」と観客に言っていた剛が、いきなり掌を返して
 黒木さんに「大好きです♪」と言いやがった(笑)ことで客席から
 大ブーイング。中継終わって「八方美人みたいでごめんなさい」
 と言っておりました(笑)
 終始ここを仕切っていた木村さんは観客に「パーフェクト♪」
 褒めてくれました♪「生放送ってこんなもんだよ」みたいなことも
 言ってましたが、それ、どんな意味だったのかな?(笑)
 それにしてもテレビ出演となると、見事なまでに別のスイッチが
 入るのだなこの人たちは・・・と、すごく貴重なシーンを見た思い
 でした。ナチュラルに、けれどしっかりしっくり5人が完璧に・・・
 テレビに出ているSMAPの顔になるというか。プロです。そこに
 素直に惚れ惚れすると同時に、目の前にいるのに眩しく遠い人
 たちに見えた瞬間でもありした。
 でもライブに戻るとまた元の感覚にすぐ引き戻されて・・・やっぱ
 スゴクないですか?うちの三十路アイドル様たち(笑)。並みの
 アイドル違います。ANAさんの遅れも出すワケです(苦笑)

MC~『この瞬間、きっと夢じゃない』、
 1日目は中居さんの「オープニングから帽子ナシ」がテーマ。
 たしかに珍しいー。ここ数年、坊主じゃなくてもずっと帽子だった
 ものねー。個人的には帽子の中居さん、好きですけども。
 木村さんが札幌では毎年いつも出来上がっていないライブを見て
 もらってたけど今年は違う。それができて嬉しいと言ってました。
 あと『Still U』の振付を自主練している吾郎さんの話を持ち出して
 振りマネする木村さん(笑)。そこで客席は「明日やるの?」と思い
 ましたね。またまたネタバレをありがとう、な木村さんでした(笑)
 オーラスはほぼFNSの準備と仕込み(笑)に時間を取られまして。
 でもこんな経験もそうそうないので、楽しかったしまぁいいかという
 カンジです。
 オーラスの『この瞬間、きっと夢じゃない』、終わってからソロに
 向け走って捌ける吾郎さんの後ろ姿がらぶりーでございました♪

『Life Walker』、オーラスがワタシ的にはコトイチだった気がして
 おります。前髪を多めに下ろし、でも表情が締まってるので可愛く
 見え過ぎない。しだいに乱れる御髪のカンジと、そこから覗く瞳が
 色っぽい!!!更に最後のアップに私の大好きな“必殺企み系
 目線”が一瞬滲み出ており・・・ヤラレました(*^^*)

『Style』、2日とも名古屋と同じシンツヨ乱入バージョンでした。
 かわいいー!なんだかすっごく木村さんがおにーさんに見えた(笑)
 そんくらいかわいいかわいいシンツヨでした。

チョモランマコーナー
 『がんばりましょう』
でのグレープフルーツ刺し。1日めは完璧っ。
 刺さり方もきれいに並んでました。そしてオーラス・・・ここで木村さん
 のプランを吾郎さんがぶち壊しの巻・其の二の事態が発生。ラストに
 放る吾郎さんが失敗に次ぐ失敗。フルーツが飛び散り崩れ出し(笑)、
 新しいのをもらってようやく成功。サウスポーの吾郎さんが投げると
 独特な回転をしているように見えました。ラストの札幌でようやくその
 へんに気づきました。
 『ひとつだけの愛~アベ・マリア~』での吾郎さんのシリアスタッチ
 な表情が好きです♪無表情でネクタイを緩めシュッと外してステージ
 下に投げるところも好きー♪こういうドラマチックな楽曲が、見せ方を
 知っている役者揃いのSMAPには意外に似合います。来年以降も
 欲しいですねぇ、こういった系統の曲。
 ここへきて『ココロパズルリズム』のセグウェイにもようやく慣れた?
 吾郎さん。ただここの振り付けばかりはちょっとねぇ・・・・・無理がない
 ですかねぃ・・・・・ベテランアイドル様には(爆)

●中居さんソロ『宮下がつくったうた』、オーラスでは男子ダンサーが
 白塗りに!なぜ!(笑)
 歌途中でMCがありますが、オーラス(でしたかね?)「みんな、ありが
 とねー」と囁いた声がまた憎いんです、この人は。

バラードコーナー
 『あなたのためにできること』
の剛のピアノ、オーラスは吾郎さんが
 すでにけっこう歌い始めてから失敗。吾郎さんも笑い出してしまって
 剛からの自己申告で「もう一回!」となり、左花道に立つ吾郎さんは
 腰を折り気味に下を向いて笑いながら脱力(笑)可愛かった(笑)
 FNSでは散々責められてたシーンですが、吾郎ファンはみんな感謝
 してるよ!剛、ありがとー!(笑)
 『そのまま』も良かったです。吾郎ファンとしてやっぱり思いの残る曲
 です。これを聴ける、見られるのはもしかしたら今年が最初で最後か
 なぁという思いもあり。感慨深く見ました。

本編ラストのコーナー
 『KANSHAして』
では左リフター担当の吾郎さん。オーラスの私の席
 からはなかなかナイスな角度で見えまして。でもね、以前からそんな
 傾向はありましたけど、リフター上から下を覗き込み過ぎですってば
 吾郎さん(笑)。あれってアリーナにサービス?それとも肝試し?(笑)
 スタンド席的には顔が見たいのに、下向かれすぎるとちょっと悲しい。
 オーラスの左花道周りアリーナには、スタンド席からも目立つ手作り
 吾郎ウチワが見えたのですが、吾郎さんてばちっとも寄りつかないー。
 あれは悲しいよー。どうもアリーナの自分のウチワにはまだまだ弱い
 のでしょうか(^^;)アンコールになるとスタンドの吾郎ファンにけっこう
 サービスできてる気がするんですけどねぇ。
 『はじまりのうた』、ラストでジャケットを脱いで振り回すSMAPさんが
 若々しいー♪(笑)。そういえば吾郎さんはライブ中、しばしばジャケット
 脱いでは肩にかけてる場面があって、これがなかなかカッコよかった。
 このコーナーで吾郎さんの穿いてたデニムが変わってた気がするの
 ですが、いつから変わったかがわからない・・・。東京では裾をめくって
 いたはずで、福岡の記憶がない・・・(^^;)今回のはもう少しゆったりと
 したサイズというかデザインで裾めくりはなし。こっちの方が似合ってる
 気がしました。

アンコール
 オーラスの『Dear WOMAN』、私の席はまさにトロッコの停止位置!
 慎吾のですけど!(笑)目の前で今年初めてトロッコのリフトが上って
 くれましたー。なにせ福岡では短縮ライブで上がらずでしたので。
 後ろ髪とかふわふわしていて、肌もきれいで黒目もきれいでやっぱり
 近くで見てしまうと王子様にしか見えないっ♪(爆)←腐り過ぎ(笑)
 見てますとこのリフトの上ですら、吾郎さんは足元に力が入っている
 ように感じ、またそれが「カワイイわぁぁぁ♪」と萌え(笑)
 『オレンジ』でのリボンリフター上での“方向転換”も、実はまだまだ
 決してスムーズじゃないんですよねぇ。そこがまた愛おしくてねぇ(涙)
 ラッキーさんを招いての『SHAKE』では、見るたびにラッキーさんに
 対する対応が手薄になってる気がする吾郎さんに思わず拍手っ(笑)
 スミマセンー。所詮は心狭いオタなのですぅー(^^;)
 『オリジナルスマイル』はいつもですが、『ありがとう』のペンライトの
 波が意外にも?スタンド席から見ていて感動的な美しさでした。
 
ダブルアンコール
 
オーラスのみの演出がありました♪期待してたクリスマスソングです。
 「アンコール」のコールが続く中、なかなか出てきてくれないなぁ・・・と
 思ってましたら、ステージ中央スクリーンに大きくてきれいなクリスマス
 ツリーが!可愛いー!きれーい!
 そしてメンバーがグッズのTシャツ姿(吾郎さんはグレー)で挨拶です。
 木村さんに続いての吾郎さんの言葉、ざっくり纏めると「みんなの存在、
 応援が僕の生きる原動力」といった珍しく熱いものでした。正直ちょっと
 面くらいました。これまでの吾郎さんの挨拶といえば、割かし淡々として
 ソフトな言葉選びという印象なので。言ってはにかんだ表情が印象的
 でした。ここで誰一人「また来年」と言わなかった、言ってくれなかった
 と、そこに拘る人もいるのかもですが・・・。わからないですねぇ。これ
 ばかりはねぇ(苦笑)。でも「ライブをやりたい」、「ライブ大好き」という
 気持ちは全員がコメントに込めてくれてましたから。中居さんに「僕が
 思うよりもSMAPを大切に思っててください」って言われちゃいました
 から。もう信じて待ってるしかないですよ。
 挨拶が終わってライブでは初の『Christmas Night』です。昨年の
 FNSでやりましたよね。でも昨日のほうが断然良かったなー。感動的
 でした。ここでしっとりしたままは終われないってことで、「やっぱりアゲ
 ていこうぜー」と『ダイナマイト』に続きました。

トリプルアンコール
 『笑顔のゲンキ』
です。ここからは例によってシャンパンのかけ合い、
 逃げる吾郎さんを堪能(笑)。中居さんはソロコーナーのこたつに住む
 おやじメイクで登場。なぜ!ラストがそれ?!(笑)
 最後に捌けるとき、吾郎さんはダンサーさんたちのすでに後方に居り、
 「後ろからバイバイー」とゆってました。前に出て来ていいのにー(笑)

気がつくと開演から4時間が経っていました。
あの後にシャワーを浴びて着替えてメイクして再びFNSに登場したの
ですねー。良く働いた1日でしたね。録画していた『この瞬間―――』を
見たら、吾郎さんがすごくスッキリとした良い表情をしてましたね♪
ただでさえ特別な思いが残るオーラスです。しかも今年の舞台は札幌。
地元ライブの思い出がテレビ中継されたことでDVDに残せるのは幸せ
です。思えば札幌でのオーラスは2001年以来。あのときとはまったく
種類の違う感動をもらいました。SMAP様、関係者の皆様、参加した
皆様、そして私、お疲れ様でした。次の機会を楽しみに、おとなしく・・・
は絶対待てないので(笑)、口煩く待つこととします(笑)

| | コメント (8)

2008年11月24日 (月)

私的にあれこれモダンツアー福岡編

福岡3日間、参加してまいりましたー♪
平日公演のせいか、福岡にしてはいつになく全体的に大人しめの
前半2日でしたが、さすがに最終日は木村さんも大絶賛の「福岡、
サイコー!」
なライブでございました。・・・なのでよけいに最終日の
“短縮ライブ”が惜しまれますよぅ。ま、今回は誰もが予想してました
けどねぇ。

3日間、個人的にはバラエティに富んだ様々な角度で参加させて
もらったのですが、最終日以外は左右の所謂“見切れ席”でして
見えない部分も多々あったりでしたが、印象に残った部分を例に
よって吾郎さん寄りでいくつか残しておこうと思います。

●吊られてるマリオネット吾郎は真横から見るとその強張る姿勢に
 可哀相なほど緊張感が溢れており。結構な高さだものねぇ(^^;)
 しかも度々失敗するスロープの斜め歩きの際の命綱?の加減、
 あれは誰のせい?!(笑)福岡でもハラハラのシーンがありました。
 しかしこの今年のテーマソングのカッコよさを考えますと、もう少し
 クールで萌えな演出は出来なかったものかと、毎回思ってしまうん
 ですが(笑)

『two of us』でご挨拶ですが、すっかりきれいに5人の挨拶が
 納まるようになっておりました。吾郎さんは連日「最高の思い出を
 つくりましょう」的お言葉だったような・・・(曖昧)。

『BANG!BANG!バカンス!』、3日目は左花道側のスタンド
 だったのに、短縮バージョンにつきツーコラスめが飛んでしまい、
 左花道で展開される♪稲垣の~~ガキガキガキ♪が見られず!

『$10』は吾郎さんのマント使いがいまだたどたどしく(笑)どちら
 かというと5人でスロープを駆け上ってマントを颯爽と脱ぎ捨てる
 ところのほうが萌えだったりいたしますね。その後の座りながらの
 スロープ降りは圧倒的に木村さんが格好よく・・・何日目だったか
 剛がまた転げ落ちておりました(笑) 

●今年の『青いイナズマ』が大好きです。・・・ということに福岡で
 気がつきました(笑)

『らいおんハート』は、個々のダンスよりも5人のソロダンス後の
 「Super‐Modern‐Artistic‐Performance SMAP」の声
 のところ、5人がステージ中央で並ぶ貫禄の立ち姿がカッコイイん
 ですー!ここは客席みんなで「ヒューヒュー」言わないとね♪(笑)

Keep on』、これがねぇ・・・東京で見たときより全っ然よかった。
 正直今年のライブでのワタシ的イチバンの見どころになったかも
 というくらいで。吾郎さんのソロパートの充実ぶりもモチロン重要
 なのですが、なんといっても演出、メンバーの見せ方トータルして
 カッコイイー!ヤラレましたー(*^^*)
 2日目は一塁側の見切れスタンドにいたのですが、右花道先端で
 前半のソロパートを歌い上げる吾郎さんに、この日のチケット代の
 うち「5,000円は払った」気分の満足な私と友人M様でした(笑)

Still U』もなにげに吾郎パートがお気に入り。お上手です♪
 慎吾の“聴かせ場”が短縮バージョンではカットされており、吃驚
 ですよ、もう。とにかく「カットしてもいいのに」ってところはカットして
 なくて、「ここですか?!」ってところがカットされているという短縮
 バージョンなのです。ちょっと釈然としない部分多し。
 慎吾ファンの友人によれば、ことごとく慎吾に関わるパートがカット
 されている気がするとのことで。吾郎さんは・・・パート的にはそう
 でもないけれど、なにせ可愛い可愛いマーメイドちゃんがばっさり
 ヤラれとりますのでねぇ(涙)

●MCは既に各所でアップされているとおりで。
 初日の吾郎さんはほとんど話さなかったんですねー。大阪からの
 ブランクの影響とかの話題でしたが。 
 2日目はスマスマの福岡ロケ、前夜の食事の話で大変盛り上がり
 ました。ビストロSPらしいので、年末近くのオンエアなのでしょうか。
 食材を木村&稲垣で買い出しに行き、他の3人が高級魚を捌いて
 鍋づくり。木村さんによれば出来上がった鍋をつつく5人はかなりの
 密着度だったらしく(笑)楽しみー♪♪♪
 この日の吾郎さんのMCテーマは“木村くんと一緒自慢”でした(笑)
 一緒の買い出し、ライブ後のシャワーから着替えまでのタイミング、
 夜食で木村さんが勧めてくれたかぼすアイスinシャンパンについて
 まで、いちいち「イイでしょおー♪」と客席に自慢(笑)。木村さんには
 「飯んときそういう目線で隣りに座るな」とつっこまれておりました。
 3日目は短縮日につきMCも短めでしたが、基本的に今年のMCは
 剛イジリが定番です(笑)。MCコーナーの口火を切るのは木村さん
 だし、なんとなく例年と違和感もあるのですが・・・。
 映画の宣伝も無事終了した中居さんが、そろそろ本領発揮のトーク
 コーナーも見たいですねー。名古屋以降はどうなるかなー。
 ただ例年どおり吾郎さんは、トーク中ずっと肩にバスタオルをかけて
 ます。季節に関わらず、ライナス状態(笑)です。

●2日目のこの瞬間、きっと夢じゃない』、MCの流れでイントロ部
 で剛がなぜかバック転をすることに(笑)。歌い出し担当の吾郎さん、
 「歌えないよ~」と歌前に言っていたのがキュートでございました。

●吾郎さんソロ『Life Walker』は、ついつい双眼鏡でご本人をガン見
 したくなるのですが(笑)、これはスクリーンを含めた全体を見るのが
 実はお薦めなんですよねぇ・・・正直私自身もそれは至難のワザなの
 ですが(苦笑)。衣装は大阪から変更となったキラキラのシルバーで、
 もうこのままいくようですね。最初の部分でスクリーンにアップで映る
 手指が美しいです!ダンスで乱れる前髪のカンジが東京よりかなり
 良い按配で崩れるようになっており素敵でしたー!・・・ああっ、そう
 なるとやっぱり双眼鏡でアップが見たいですよねぇぇぇ!(笑)

●木村さんソロ『Style』、福岡は2日目が可愛かったですよー。
 東京初日と同じ黒ジャージにソフトバンクホークスの野球帽を被って
 の登場、ツバを持って悪戯っぽく笑って悩殺です(笑)。今後名古屋
 ではドラゴンズ、札幌ではファイターズバージョンもありかしらん♪

『がんばりましょう』でのグレープフルーツ刺し。いやー、2日目が
 かつてなく酷かった(爆)。何回失敗したのかなぁー。でも短縮日の
 最終日は四個とも一発OK。やはり人間、なにごとも緊張感は大事
 ですな(笑)
 2日目、やたらにコートの前の合わせを気にしていた吾郎さん・・・。
 中居さんファンの友人に「太ったからはまらなくなった?」と言われ
 ましたよっ(笑)ひどいっ、Sさんっ(笑)

『どんないいこと』は、短縮日はナシでした。むー。

『Jazz』の間奏のダンスでの椅子跨ぎ(笑)ですが、大概遅れがち
 な吾郎さんですが、2日目はやはり大幅に遅れこれは時間差の振り
 付けなのか(違う)と思うほどでした(爆)
 ただあれはですね、吾郎さんのジャンプがどうこうというより、その前
 の椅子を一周させる動作に問題があるのだなと、自己解決(笑)
 3日目はバッチリでしたよー(^^)

●今年の目玉曲『ひとつだけの愛~アベ・マリア~』にも短縮バー
 ジョン被害が!(涙)。木村さんファンでなくともあのド迫力のRAPは
 見たいんですよぅ!シンツヨのサビもカットでしたねー。
 照明が美しいだけに、やはりモノトーン衣装で見たかったなぁ・・・と
 性懲りもなく思ってしまいました。

『ココロパズルリズム』では相変らずセグウェイと相性?がよろしく
 ないらしい吾郎さんです。1人だけ重労働を強いられてるように見え
 てしまうのは何故だろう(爆)。あとちょっと顔がふっくらした吾郎さん、
 なんとなく、ヘッドセットが似合わなかった気がする・・・・・(^^;)

●中居さんソロ『宮下がつくったうた』、素晴らしかったなー。
 ほんと惚れ惚れしました。初日は埋もれで見えずらかったのですが、
 2日目3日目の中居さんソロは充実してました。かなり疲れてもいた
 ようですが、それがかえって計算のない美しさにも繋がっていたのか
 ちょっと感動的に素晴らしかった。中居正広の底力を、ソロコーナー
 で久々に見せつけてくれてました。イイお仕事をしてるとやっぱりイイ
 顔になるんだよね。私も頑張ろう・・・(苦笑)

あなたのためにできること』の剛のピアノ、2日目はイントロ部で
 二度ほどつまづき、私は照明の当たらないままウロウロする花道の
 吾郎さんを暫く見ておりました(笑)
 この曲は吾郎さんがワンコーラスめで捌けてしまうのが大不評なの
 ですが(そうなのか?(笑))、いっそ吾郎さんを左のリフター、木村
 さんを右のリフターに乗せっぱなしでやったらどうでしょう?(笑)
 BIRDMANのときの中居&吾郎の『逢いたくなって』風に。これなら
 吾郎ファンも木村ファンも大満足ですよーっ。
 この曲に始まるバラードコーナー、嫌いじゃないんですけどやっぱり
 ちょっと長いなと感じてしまいます。代表曲『世界に―――』は入れ
 たいのはわかるので、それをできればもっと後半(アンコール)とか
 違うところに配置してくれればねぇ・・・子供ナシで。←まだ言うか(笑)

『KANSHAして』では毎回左リフター担当の吾郎さん。私は初日と
 3日目が三塁側だったのでよく見えました。どちらかいうとトータル的
 には吾郎ファンは三塁側がオイシイ気もします。(←あくまで私見。)
 トロッコも行きが三塁側ですのでね。そこで止まってもくれますし。

『はじまりのうた』、3日目は吾郎さんの♪溜息ついてもいいーじゃ
 ない♪がカットされました(涙)

●初日の私は『Dear WOMAN』をひたすら待っておりました!
 この日の私はアリーナAのステージ側から3人目の席で、吾郎さんら
 3人のトロッコの出発地点からまもない位置だったのです。トロッコが
 前に来たときだけは最前3列目(*^^*)バクステに向かう中居、吾郎、
 慎吾のトロッコを目の前で見送らせていただきましたー♪
 ああぅっ、やっぱり吾郎さん綺麗綺麗綺麗ー!黒目がちで可愛いー!
 時間にして20秒くらいでしょうかねぇ・・・。目の前の吾郎さんは肌も
 きれいで瞳もキラキラでやっぱりウットリしてしまう美しい人でした。
 隣りにいた慎吾ファンの友人はなぜか「中居さんが美し過ぎて、他の
 2人の印象がない」と言っておりましたが(爆)。イチオシ慎吾もいたと
 いうのにそれってどうよ(苦笑)
 戻りのトロッコでは木村、剛が目の前へ。個人的にはいつになくこの
 日の木村さんは元気がなかったような気がして・・・トロッコ上でもいま
 ひとつのファンサービスに感じました。ゴール地点直前とはいえ、もう
 少しいつもみたいに煽って欲しかったんですけどー。
 3日目はこの曲で慎吾トロッコのほぼ正面スタンドにいたハズです私
 たち。ハズ・・・です(苦笑)。吾郎さんが右斜め前に停止してたので。
 ごめんね慎吾、せっかく目の前だったのに(^^;)。短縮日につきこの
 日はトロッコのリフターは上がらず・・・無念。トロッコ停止から発進の
 際、吾郎さんがズルッと可愛くよろけておりました。

●3日目『Mermaid』、『オリジナルスマイル』は大阪同様ナシでした。
 帰りの爆走トロッコは木村&剛が見られましたが、吾郎さんの様子は
 わからず・・・。でも確かにあんなに急がんでも・・・という速度でしたよ。
 こんなことなら本編で他にカットできるところがあったハズと、誰しもが
 思いますよねぇ。・・・どことは言いませんけどもー(笑)

今年の変則ライブツアー、こんなにブランクがあってメンバーもさぞ大変
だったと思います。次回(来年?)はできれば通常どおりの日程が組める
ように、まわりの優秀なスタッフの方々お願いいたします、本当に。
平日が多いのも開催地が少ないのも、ライブの盛り上がりに影響がある
のだということを感じて欲しいと思います。
そんななかでやっぱりライブを楽しいと言ってくれるSMAPのメンバーが
愛しいですねぇ。心からそう感じた福岡ライブでした。

で、吾郎さんですが。
コルセットに関しては有無も目的も私自身真実はよくわからないのですが、
ただお顔がシャープでないことだけは確かでしたので(笑)、福岡から戻り
ドラマもクランクインしたようですし札幌ではまたどんな姿を見せてくれるか、
楽しみに待ちたいと思います(*^^*)

| | コメント (2)

2008年10月 6日 (月)

ひとつ思い出した

吾郎さんに関する重要なツボ。

『そのまま』のラスト♪君からもらった~~~愛をあげるよ♪の
スクリーンは必見でございますー!(*^^*)蕩け死にます!!!(笑)

ここ数日はCDを自宅で車で聴いて聴いて聴き倒し中♪
福岡では『Keep on』の吾郎パートを完璧にソラで、吾郎さんより
優れた発音で歌い切る予定。←ウソです(笑)

| | コメント (0)

2008年10月 2日 (木)

私的にあれこれモダンツアー東京編②-3

スクリーンではブラックな振る舞いのピエロ(慎吾)が暴れてます。
メンバーのマネキン?はりぼて?を蹴り倒し、蓄音機をぶち壊し、
子犬(の人形)を振り回し、大ブーイングを浴びてソロがスタート。

・Here Is Your Hit
カッコイイー!座席の角度のせいか、初見より全然よかったです。
バースディケーキみたいなセットもちゃんと見えて、やっぱり慎吾
ソロの見ごたえは毎回すごいなぁ。

・俺たちに明日はある
衣裳はデニム。ジャケットのデザインはばらばら。なかの派手な
柄のTシャツはお揃い。ジーンズはばらばらながら、木村&吾郎
は裾を折って同じような着こなしで、なんか珍しいなぁと思ったり。
ここのコーナーに入っていく前、木村さんのドラムソロから始まる
バンド紹介コーナーあり。暗転中に見事なドラムの音が聴こえて
くるため、それが木村さんとわかった瞬間、客席盛り上がります♪
キーボードの紹介のところではこのツアーでデビューの新人ピア
ニスト(笑)剛がにっこりと悪戯っこのように登場したりして。吾郎
さんはブラス部門の方々の横でタンバリン?をフリフリ♪

・KANSHAして
左右のリフターをつかいながらメンバーも弾けます。ひさしぶりの
「ふっふっー♪」の合いの手、楽しかったー(*^^*)

・Love loser
これはライブで盛り上がる曲ですー!疾走感があってアイドルっ
ぽくもありながら歌詞は意味深で(笑)。今年は『真夜中のメリー
ゴーランド』も『心の鏡』もないのでここで弾けておかないとねー♪

・はじまりのうた
『Love loser』からの流れがけっこうお気に入りです。コンサートが
終盤だなぁぁぁって気分になる流れです。この曲で終わっても良い
んじゃないかと思うほどなんですけど。で、この曲のお気に入りは
なんといっても♪溜め息ついてもいいんじゃなーい♪の吾郎さん!
んも、激カワなんですけど~~~!!!うっかりスクリーン見たら
悶死します!(笑)いや、絶対欠かさず見ますけど!(爆)

・どうか届きますように
初日に見たときちょっとお歌がやばくてですね(^^;)こりゃどーした
もんかと思ったんですが(笑)、28日はなんか良かったです。
曲の終わりに、オープニングのチェック衣装のダンサーさんたちが
Tシャツにジーンズ姿の5人にマントを着せます。そのまま斜めの
ステージを少し上がってステージ面につくられた出入口から消えて
いき、彼らが去った後のステージ面にはモノクロの手を振るヴァン
パイヤのたちの映像が。

今年のラッキーさん選びは『SEXY AND THE CITY』の扮装で。
←扮装言うな(苦笑)

○アンコール○
・Dear WOMAN
・Mermaid
思い思いの白い衣装。吾郎さんの白コートが最強っ。好きー♪
この2曲でバックステージまで行きます。トロッコは中居&吾郎&
慎吾ちーむと木村&剛ちーむ。一昨年と一緒??

・オレンジ
今年もやりますリボンリフター(笑)あと何年使うのでしょうかコレ。
でも今年の吾郎さんは違います!リフター上で180度回転しちゃい
ます!これって吾郎ファンには大ニュースなわけですよっっっ。
苦節6年?頑張ったねー、吾郎ーっ(うるうる)。

・SHAKE
今年のラッキーさんたち。メンバーとのスキンシップが多くて気ぃ
悪いですわー(笑)

・オリジナルスマイル
やっぱりこれがないとねー♪コンサート終盤のオリスマは、まさに
SMAPライブの王道ですから。

・ありがとう
たとえば『freebird』っていうのはライブで聴くといつもよりすーごく
良い曲に聴こえるんですが、今年はこの曲もそんな感じでした。
一昨年より素直にノレて沁みました。

挨拶の最後、5人並んだところで木村さんが
「We are エス、エム、エー、ピー」と言い「SMAーP!!!」
客席に叫ばせてくれます(*^^*)
ここまででほぼびったり3時間半。贅沢言うならダブルアンコールが
なかったのが物足りない・・・。6日めだけだったんですよね。今後の
会場ではどうなのかな。千秋楽(by吾郎)の札幌はもちろん、せめて
各ドームでの最終日にはやって欲しいよ~。

いまのところ二度参加の今年のライブ。
東京で私が見たすーぱーもだんであーてぃすてぃっくなぱふぉーまー
さんたちは、いままで見たことないような歌詞の飛ばしっぷりに音の
外しっぷりで、これが「いままで見たことのないSMAP」ならシャレに
ならん!(笑)というところも正直あったんですが、ジャニーズらしさを
残しつつ、新しいこともちょっと頑張ってみたというカンジが伝わって、
三十路揃いながらやはり十分に騙される(笑)ほどには大概可愛くて、
2年前よりもむしろもっと濃厚な、ステージと客席とで愛を確かめ合う
ような快感と至福の瞬間をくれる最高に愛しい人たちでした。
やっぱりね、5人でいるとずっと無敵だこの人たちは。

さて。今後もチケットが取れたらあと数回見る予定でおりますが、早く
あのステージの型に慣れたいものです・・・(苦笑)
メイン、デベソ、両脇花というステージのつくりに慣れ過ぎてるせいか、
ステージが黒ということも影響しているのか、なんだかメンバーを追い
かけるのが大変で。・・・へ?単なる動態視力の低下ですか?(爆)
今年の東京ドーム、スタンド席前にあったネットを外してくれてました。
大阪は以前から、札幌も一昨年からそうなってます。どうか名古屋と
福岡も同様になって欲しいですねぇ。視界はもちろん、対メンバーの
臨場感がやっぱり違いますもんー♪

| | コメント (0)

私的にあれこれモダンツアー東京編②-2

北京五輪の映像が終わると、次は吾郎ソロです。

・Life Walker
ソロ一番手って新鮮。でもできれば次の木村さんと順番は逆が
理想。・・・だって吾郎さん、御髪のセットが間に合ってない(爆)
スクリーンのブルーとジャケットのシルバーと羽根のブラックの
巻物が印象的でシックにまとまってます。ダンサーさんたちの
身のこなしが見ていて心地良くて、イメージはWalkerというより
Waterなんですわ、なんとなく。もう少し間近で見られる機会が
あるといいなぁ。正直吾郎さんのダンスのキレは初日のほうが
良かった気がしたんですが・・・どうでしょ??

・Style
初日と衣装が変わってました。個人的には初日のゴールド?の
ジャージのが好きかも。ハットにTシャツにベストになってました。
木村さんはハットなしのが良いと思うの。似合わないとかじゃなく
なんかもったいないんだもの(笑)顔、見せましょうよ(笑)

・がんばりましょう
ここのコーナー、衣装がコートの下にカラフル衣装っていうのが
往年のライブちっくでアイドルぽくて良いです。でもかつての衣装
に比べ、とてつもなくいまの衣装はお高いんだと思いますが(笑)
このコーナーの前のジャンクション、オペラ座の怪人風だった人
たちが陽気なお兄さん(笑)になって、風船づくりに勤しんで・・・
現実のステージでも大量のカラフルな風船が落下してきますっ。
これ、二階席から見てるとすっごくきれーい!落ちはじめて間も
なく大量の風船の向こうにステージ上のメンバーが見えてきて、
単純かつ壮大な仕掛けにあっさり感動する易いワタシです(笑)

・White Message
アレンジが変わってます。オリジナルのほうが可愛いかも。
ここで繰り広げられるイリュージョン(笑)。中居さんを宝箱?に
詰め込んで、ステージ上で他の4人が箱を引きずったり蹴ったり
しながら左花道で箱を空けたら、箱の中は空っぽで中居さんは
右花道に~♪

・ソウデス!
剛ソロのバックダンサーはSMAP4人。全員ハットをかぶって
持って踊って・・・でもここのダンスが細かくてけっこう大変そう。
吾郎さんの微妙に時間差あるダンスを堪能しました(笑)
かつての『笑っていいとも』での「友達の輪」みたいな振り付けが
あってスクリーンにはいろいろなタレントさんが特別出演という
感じで登場。でも、個人的にはこれ、いらない・・・(^^;)アンコールで
後輩クンをトロッコに乗せるのと同じくらいいらない。


・どんないいこと
私にとって思い入れもある大好きな曲なのです。嬉しいー。
余談ですけどこのへんで『胸さわぎを頼むよ』なんかやってくれ
てもハマると思うんですけどねぇ・・・。あの曲も好きなんですー。

・Jazz
椅子を使っての演出がおしゃれ。ワンピース姿の女子ダンサー
さんたちとの絡みがかわいい。慎吾の♪僕はまだ君のトリコさ♪
がスクリーンにアップになるところが、憎らしいほどかわいいっ。
木村さんの♪今の君が一番好きさ♪に至っては卑怯、反則(笑)

・ひとつだけの愛~アベ・マリア~
好きですー!この曲がいまのところ今年のライブのいちばんの
お楽しみかもってくらい(*^^*)
衣裳はさておき(苦笑)予想どおりのドラマチックな展開がすごく
私好みで。出だしの吾郎さんのソロパートの歌詞が好き、ここを
歌ってネクタイを外す仕草にうっとり、木村さんのRAPの独特な
熱苦しさ(←誉めてます)が大好き。

・ココロパズルリズム
話題のセグウェイのアクシデント・・・というか操作未熟?(笑)に
よる珍プレー多し!しかし加工された声はシンツヨ以外ホントに
区別がつかない。次が中居さんのソロのため4人のコーナーに
なってしまっているので中居さんファンは悲しんでるだろうなぁ。

・宮下がつくったうた
最初の千手観音がきれい。でもあれって正面で見るか見ないか
でかなり印象が違いそうですね。私は一昨年のソロより好きです。
でも最初と最後のVTR・・・あれはどうだろう(苦笑)ま、でもその
へんは基本もうリーダー様の好きにやっていただければけっこう
なわけで。歌の合間のトーク?含め天邪鬼でかっこいい閻魔様は
健在でした♪

・あなたのためにできること
このコーナーの前のジャンクション、眠る子供のまわりで声を張る
慎吾の小芝居が大好きです(笑)つっこむ木村さんも素敵。そして
ここの映像ではやけに黒目がち吾郎が強調されていて、可愛い
んですのー(*^^*)再びしっかりとマント姿ですしね♪
盛り上がる剛のピアノ演奏は文句なしなんですが、ワンコーラス
めを担当する吾郎さんが自分のパートが終わるとはけてしまって
出てこないのが残念。ツーコーラスめ担当の木村さんのパートの
ほうが盛り上がりがあって羨ましい。ラストは3人でも良いのにー。
ここでの木村さんの髪飾り?がなんか珍しくて思わず凝視(笑)
こういう女性的なアイテムも似合っちゃう人ですよねぇ~。

・Last Smile
良い曲なんですけど・・・なんとなく長いなっと感じてしまうんですわ。
この曲のラストシーンはダンサーさんたちが各メンバーと密着(笑)
でも一度に全員が何をどうしているか(笑)見られないジレンマが
あります。吾郎さんのお相手は吾郎さんの胸元に顔を埋めていた
気が。木村さんは後ろからハグ的な?
マタギに見える人、ロシアの王子様に見える人、女の子に見える
人・・・いろいろいます(笑) 中居さんのかわいこちゃんっぷりには
驚愕です。遠目には三つ編みに見える?ニットの帽子にポンチョ、
半パンツにブーツ。なんでしょうかこの驚異の36歳(笑)

・夜空ノムコウ
・そのまま
メインステージの円形部分に椅子が出てきて木村さんがギターを
奏でます。いまひとつギターの調子がよろしくなかった?
椅子の脇に中居さんが座ったりしっとりと厚着なんで温かみのある
バラード2曲です。吾郎さんの立ち姿にうっとりのコーナーでもあり
ます。『そのまま』のときのスクリーンに舞うブルーのハートがPVの
イメージです。

・世界に一つだけの花
今年は大量のお子ちゃまたちとお送りするSMAPの代表曲です。
ここ、マタギ衣装で5人だけのほうが良いような気がする・・・という
のは心狭すぎ?(^^;)お子ちゃまがいるおかげで毎回可愛らしい
お嬢ちゃんを抱っこする吾郎さんが見られるわけではありますが。

| | コメント (0)

2008年10月 1日 (水)

私的にあれこれモダンツアー東京編②-1

さすがに激戦の今年唯一の日曜ライブ。たくさんの友人にもひさし
ぶりに会えましたが、新幹線ではアクシデントがあったとかでヒヤ
ヒヤだった友人もおり。こんな日に勘弁してほしいですわー(^^;)

初日から3日続けて観続けた友人によれば、初日よりはいろいろ
スムーズになったもよう。ただ、カメラさんとスイッチャーさん?の
コンビネーションがいまひとつではないかとか、PAさんの不手際が
気になるとかも聞きました。たしかに28日も音質やら音量が急に
変わって「ん??」ってところがあったりマイクがおかしかったり・・・
気になるところがありました。頑張れPAさんっ。
そしてバックバンドは個人名でそれぞれを紹介しなければならない
くらいビッグな方々を集めたらしい今年、そのステージ上の魅惑の
“うたリスト”(笑)SMAPさん。28日はいろいろとやってくれました。
ビデオ撮りなのに・・・スリリング過ぎだよ(^^;)音程頑張れっ。あと、
歌詞も頑張れっ(笑)
諸事情あるとはいえ、ビデオ撮りはやはり東京でなくちゃダメだった
のかな~。ライブじたいの完成度を思うとやはり後半日程のほうが
望ましいですよねぇ・・・。のみならず実は。私と友人M様的に今回
東京公演の吾郎ビジュアルが・・・いまひとつ・・・80点くらいな気が
して(^^;)1ヶ月ほど前、北京五輪時期にテレビに出ていたときの
ほうがスッキリ美人さんだった気がしてならなくて。や、ナマ吾郎は
もちろんカワイイんですけどねっ(苦笑)DVDに残るには極上か?
大満足か?といえばそうではなかったというか・・・ま、いまさらどう
しようもないんですけどね(笑)

さて、今年2度目のライブは二階席。
メインステージは遠いながら、死角なく全体が見られる席でした。
初日は一階スタンドの6列目で、スタンドといえどもかなり低い位置
でしたもので、今回はステージの形などがよくわかりました。メイン
ステージは黒でそれが斬新らしいですね。でも結局それで初日早々
慎吾が怪我をしてしまったのだとしたら、ちょっとどうかと思うんです
が・・・。あとメインステージ中央に円?が描かれていて・・・ちょっと
気になる。なんかおしゃれじゃないんですもん(苦笑)
で、今回もざっくりと。気になった曲の感想などなど。

・Theme of 019
わくわくしますねー。今年のテーマ曲は良いですねー♪
バードマンならぬバットマンたちのショータイムの始まりに相応しい。
5人が登場する前のステージまわりから上がる炎がすごくきれいで
テンション上がります。吾郎さんは左から二番目のポジションで吊り
下げられて?降りてきます。全員が眼鏡をかけているのはこのオー
プニング部分のみ。

・弾丸ファイター
生バトン(笑)が見られて嬉しい。もちろん小道具はないですけど。
銀座を闊歩するあのPVの影響か、この曲はけっこう嫌いじゃない
私です。大サビの木村&吾郎の背中合わせのツーショットが良い
ですねー。一瞬ヒカルさんと優雅クンのショータイムみたいで(爆)
←間違ってます。

・two of us
かわいいっ♪『真夜中のメリーゴーランド』みたいにAメロのとこで
両腕を上下にするちっさいモンキーダンスみたいなのが好きー♪
ここで挨拶が入りますが、28日は中居さんのところで思いっきり
時間切れ。あれはDVDにはできないよねぇ。せっかく参加できた
日なのに残念。

・BANG!BANG!バカンス!
途中から左右のステージに進み分かれて歌います。ラストは中央
に戻り今年も“基本Vサイン”のポーズあり。これが25日すべての
スポーツ紙に載っておりました。
28日木村さんのマイクの調子が一瞬おかしくなりました。

・$10
・青いイナズマ

ここからヴァンパイヤ衣装となります♪西洋風の棺桶がステージに
置かれ、マント姿の5人がステージ下から棺桶を破ってポップアップ
(飛び出し)します。
かなりアレンジはモダンに変わってます。でも歌いづらいというほど
でもないもよう。オリジナルどおりちゃんと合いの手を入れられるの
が嬉しい。たしかこの2曲だけでマントは終わりでしたか。
吾郎さんには是非とも次に私が見られる福岡までに、マント使いを
自主練していただきたい~!(笑)古畑風にみんなに隠れて(何故)。
本当はこの衣装で『アベ・マリア』が見たかった!!!

・らいおんハート
見どころは飛び交うステッキ(笑)。木村さんと投げ合う吾郎さんが
スリリング。ここからダンスコーナーに続きます。剛⇒慎吾⇒中居⇒
吾郎⇒木村と続く、史上最高に静かで洒落たダンスコーナー。好き
ですー!1人ずつステッキを持って円形ステージに上がってダンス。
曲に乗せて女性の囁き声で、たとえば木村さんなら“SEXY~WILD
・・・・・(さらにたぶん何か言ってる)TAKUYA”とメンバー紹介されて
ます。吾郎さんのところがいまのところ“COOL”しかわかってないん
ですが、これ、全員分知りたいなー。

・友達へ~say what you will~
ここでタキシードを脱いだのかな?で、白ベストに白シャツ。
メインステージから後方へ下がります(例年のメインステージの位置)。
たしかスタンドマイクだったと思います(曖昧)。かなりモダンアレンジ。
でもオリジナルよりイイかも・・・(^^;)

・Keep on
イントロ部で後方ステージからメインステージへ走り出てくるところが
好きー。そしてなんといっても吾郎パートの長いことっ♪前半は右の
花道で、後半はメインステージの中央の円形ステージがせり上がって
まさにオンステージ!(笑)初日はこのあとのMCで中居さんにここの
演出をイジられておりました。

・Still U
英語の歌詞がタイヘンです。慎吾が息絶え絶えで(苦笑)
でも上手くいかなかったところほど、メンバーの素顔が垣間見られた
気がしてついつい喜んでしまうのがヲタの性(サガ)なんです・・・(笑)

ここでMC。
28日はなぜかメンバーの特技の話題なんかになって、思いがけず
吾郎さんの跳ね起き(未遂)と美しいブリッジ姿が見られましたー♪
吾郎さんが肩にかけてるタオルの端っこを引っ張って汗を拭く剛とか
細かいやりとりがカワイイ。昔はよくそれ、木村さんがやってましたね。
気づくとMCでの立ち位置が昔と変わってますもんねー。
で、次の曲にいくのにフォーメーションを確認しつつ、無駄に揉めて
おり(笑)

草彅↓       吾郎↑

       慎吾↓

中居↑         木村↑ 

※矢印(↑↓)はメンバーの向いてる方向です。  

この状態で中居さんが「ずっと剛と目が合ってる。こっち見るな」とか
木村さんが「まだMC途中なのに吾郎がずっと後ろ向いたまま」とか
そのやりとりがしょうもないんですがかわいくて・・・まさに「くだらない
けど面白いっ」てやつです(笑)

・この瞬間、きっと夢じゃない
メンバーがはけてから延々と、北京五輪の日本人選手のメダル獲得
シーンが流れており・・・微妙(苦笑)
長い割に次にソロで登場する吾郎さんの御髪はセット不十分だし(笑)
あまり役に立っていない気が・・・。オーラスまでやるのかな。やるんで
しょうねぇ。

| | コメント (2)

2008年9月26日 (金)

私的にあれこれモダンツアー東京編①

今年のライブの感想がイマイチまとまらないのは、毎度初日だった
地元札幌ライブと違って2日連続で見られなかったこと、アルバム
曲がいまだちゃんと頭に入っていないこと、ステージのつくりがこれ
までにない形態で、そこで動く彼らのことが見慣れなかったせいと
思うのですが。
とりあえず初日のざっくりとした感想を、衣装と吾郎さんを中心に♪

●オープニング
ライブ中ずっと続いてくジャンクションが最高です。
マントに仮面の5人。ヴァンパネラ吾郎に吾郎ファンが狂わないで
どーします?(笑)狂わなければヲタがすたる!(断言)
で、そのままその衣装で登場かと思いきや、昨日のワイドショーで
出ていたあのチェックの衣装です。マリオネットというかいっこく堂
さんというか江戸川くんというか(違う)、ちょっと正直肩透かしでも
あったりしたんですよね。しかも吾郎さんイマイチ似合ってないしー。
私は初見で「誰一人似合っていない」という感想を持ったんですが、
ライブ後の初日打ち上げの席で剛ファンや慎吾ファンの友人らが
「うちのコは可愛かった」と・・・あれぇ~~~???(苦笑)
最初は全員黒眼鏡もしててちょっとオモシロになってるし、パンツの
横の赤ラメも白いソックスもちょっとさぁ・・・。なんて、もうそれ以上
は言えませんでしたよ、モチロン(笑)
ホンモノたち登場までマントを纏ったダミーが出てきたりしたのは
ちょっと1997年の『ス』のオープニングを思い出しました。
ステッキ使いも可愛かったな。吾郎さんの硬い動き(おい)になんと
なくステッキは似合う気がしちゃいました。細長い吾郎さんに細長い
ステッキは相性良いのかも

●ヴァンパネラコーナー
ここでマント姿の美貌のヴァンパネラ5人が登場です!!!
だから私『ポーの一族』が大好きだったんですってばー♪あんまり
喜ばせないでー!ま、エドガーとアランはあんな恰好しませんけど。
でもね、もう少しここではせっかくの衣装、せっかくのマントをもっと
上手く翻しまくってほしいという感想を持ったのですが・・・。ライブ後
初日打ち上げの席で中居ファンや慎吾ファンの友人らは「うちのコ
は上手かった」と・・・あれぇ~~~???(爆)
このコーナーはフォーマルな衣装なので、ワイドショーなんかで見る
と地味なカンジですね(色合いが)。実際の素敵さはあんなモンじゃ
ないっ。このコーナーで『アヴェ・マリア』をやってくれないのが残念。
まさにこの衣装のイメージなんだけどなぁ・・・あまりにそのまんまで
逆に良くないのかな。なんなら一昨年の“シスター衣装”をひっぱり
出してきてくれても・・・(笑)

●キャンディ衣装コーナー
美味しそうなんですよ、衣装の色が(笑)。ピンク系が中居、吾郎、
剛(3人とも濃さが違う。吾郎さんがいちばん淡い系?)オレンジが
慎吾、濃いオレンジ(ほとんど赤?)が木村さん。そんなカラフルな
シャツ&ベスト&パンツの上には白地に茶?の丸いドット・・・では
なくサークル柄?のコートが♪この組合せが今回いちばん派手で
華やか。吾郎さんのは、ちょっとスモーキーなピンクに見えました。
似合っております。

●マタギ衣装コーナー
友人曰く「ロシアの王子様」の木村さんとは違って、このコーナーの
吾郎さんはワタシ的にはいまひとつ・・・。あのファーの分量というか
全体のちょっと民族衣装っぽいテイストが吾郎さんに合ってないの
かな?でもこれも、全身ショットになるとスタイルの良さが際立つん
ですのー。上のほうにファーでボリュームがあるぶん、腰から下の
スレンダーっぷりが強調されるというか・・・ねぇ(*^^*)

あいだにいまひとつインパクトのない黒(紺)系の上下の衣装があり
ましたが(^^;)、次回ちゃんと見てきます。

●アンコール
思い思いの白いバラバラの衣装。ここでの吾郎さんの膝丈くらいの
コートがGOODですーっ(*^^*)どうしてこういちいちコートが似合う
かしらこの人は!御髪のカンジもここいらへんがいちばん良かった
気がします。初日も終わりが見えてきて表情にも余裕ができていた
のかも。

●メンバーソロ
私は妙に中居さんのソロに感動を覚えてしまったんですよねー。
最初の千手観音風はもちろんヤラれたと思ったんですが、やっぱり
中居さんが元気だったから、そこにグッときちゃいました。ま、ラスト
ちょっと長いんですけど・・・例によってVTRがね(^^;)
木村さんのソロはある意味いまの彼の王道をいってる感じ。これは
これで全然ありなんですが、個人的にはワイルドでエレガントな木村
さんが好きなんで・・・んむー。衣装もあれはあれでカワイイんだけど
私にとってのベストではないというか・・・。剛ソロは・・・まだ私の中で
消化しきれず。次回を見て印象変わるかな?バックダンサーとして
メンバーがステージに残っているのは新鮮です。
慎吾ソロはちょっと時間が短い?衣装もやや可愛いめで全体的に
予想してた雰囲気と違ってたかな。ここ数年の慎吾ソロを見てきて
ちょっと期待が大きくなり過ぎてたのかも。
吾郎ソロ、よかったです。ダンスもメリハリあってよく動けてましたし。
首元の羽?の巻物とジャケットの丈が長いともっと良いと思うー(笑)
あ、あとベルトが白かった?ちょっと浮いてたカンジがしました。
バックの美しいスクリーン映像に見とれてイントロで吾郎ソロと気づ
かなかったダメダメな私ですが(笑)

初日全体的に。
随所で歌詞は飛んだし曲と曲の間が妙に空いたりもしたし吾郎さん
だけにライトが当たってなかったシーンもあったし、他にも私たちが
気づかなかったハプニングやアクシデントも数々あったと思います。
だって、初日ですから。でも1日目より2日目がぐんっとスムーズに
なるのが彼らの実力。ダテにトップアイドル10年以上やってません。
初日を迎えてなによりメンバーたちがホントに楽しそうにしているのが
伝わってきて、それを感じて客席の温度も数度上がりました。
こんなに楽しく幸せな時間のためにも、慎吾の怪我が大事にいたり
ませんように。メンバー全員が無事にツアーを完走できますように。

で、読み返すとなんか不満気ですか?私??(笑)
でも全っ然そんなことはなく、楽しいです今年のライブも!万障繰り
合わせて来いと言われても仕方ないかなと・・・ちょっとなんか悔しい
ですけどねぇ。

| | コメント (4)

2008年9月25日 (木)

ピンクのペンライト

初日参加してまいりましたー!
なんだか盛り沢山で楽しくて感想がまとまりませんが、とにかくメンバーみんなが
楽しそうで、中居さんが元気で(一昨年を思うと本当に溌剌としておりました〜)
それがまず感動的で!初日らしい?グダグダ感もまた愛おしく(笑)至福の時間を
過ごしました。
そしていま私は羽田空港…二時間ちょいしか寝ておりません(苦笑)。働かない
頭でとりあえずスポーツ紙をすべて買いました(笑)。あ、今年のペンライトは
ピンクの発光に見えるパターンもあり吾郎ファンとしてはひそかに嬉しいです。
吾郎には初日早々目の前のトロッコ上できっれーに背を向けられましたが(爆)
いまのところイチバンのお気に入りかも知れない白いトレンチの美しい背中が
間近で見られましたからね。はい、それはそれで良しとしますわー(泣笑)

さーて、いよいよツアーが始まりました。楽しい二ヶ月あまりとなりますように。
慎吾ファンの友人によれば昨日の後半、慎吾が脚を引きずっていたとか???
大ゴトでありませんように。

| | コメント (0)

«吾郎うちわ